LED店主のつぶやき 3

店主のつぶやき

主にLEDの事について(無関係もありますが(^^ゞ)つぶやきます!?

3/6page

ライン
07/3/29

日亜化学 NGPWR70AS


 日亜化学のフラックスLED NICHIARAIKOHシリーズのNGPWR70ASを入荷しました。
NGPWR70AS
 NSPWR70ASとの違いは、順電圧(Vf)が低めでで多電流(定格3.2V/100mA)が流せることです。100mA時14ルーメンの光束が得られ、発光効率は43.75ルーメン/Wで同じ日亜化学のRIGELとNS6W083Tの中間です。
NGPWR70ASとNSPWR70AS比較
左:NSPWR70AS  右:NGPWR70AS
 同じ20mA駆動で比較してみました。

 指向特性はどちらも100°ですが、NGPWR70ASの方が光が回り込んでいる感じです。


 両者の外観の違いはほとんどありませんが、裏の金属部が若干違いました。
70AS外観
左:NSPWR70AS   右:NGPWR70AS
 丸い方がNSPWR70ASで、オニギリ型がNGPWR70ASです。
 ただ、生産工場や時期の違いでどちらのタイプもあるかも知れません。 ライン
07/3/27


 ニュースで、例年より2週間早く咲く!なんて言われていた静岡のも、やっとと言うか例年通りに咲き始めました。
 今週末辺りはそこら中の桜の木の下が酒場となるのでしょう。
 LEDでランタン自作なんていいんではないでしょうか?
桜桜

桜桜

鳥


 まだほとんどがつぼみですね。満開が楽しみです。

ライン
07/3/13

赤レンズのLED透過特性


 ほとんどの車・バイクのブレーキランプやウィンカーは電球です。色を着けたレンズ(フィルター)に電球の光を透過させ赤・黄色を表現しています。しかし、LEDでブレーキランプやウィンカーを作成するのは白LEDで良いかというと、そうではないのです。電球の光には光の3原色、赤、緑、青全てを含んでおります。しかし、ほとんどの白LEDは青LEDに黄色蛍光体をかぶせて白く見せているに過ぎないのです。(LEDライトの色の再現性が悪いのはその為です。)
 赤いフィルターは赤の波長しか通さないため、赤い波長をほとんど含まない白LEDではとても認識しづらくなってしまいます。赤色レンズは赤以外の波長を通さないので、ブレーキランプは赤のLEDで作成するべきなのです。

【実験】
ランプユニット
実験用ランプ

 ブレーキ(ポジション)用レンズに白LEDと赤LEDを照らして比較してみます。
 赤LEDは指向特性15°光度9000mcd/20mA
 白LEDは指向特性15°光度14500mcd/20mA(中間)
 を、1個使用します。
白LED
赤LED

どちらもF10シャッタースピード1/2秒で撮影

 写真を見比べると少し分かり難いですが↓にポインターを乗せてみてください。
赤白比較

 結構明るさの違いが分かりますね。実物は明るさ以外に発色の違いも明らかに感じられます。光度の数値では白LEDは赤LEDのおよそ1.5倍なのですが赤フィルターを通すと逆に赤LEDの方が1.5倍ぐらいの明るさです。
 白LEDで作成すると相当なロスになるという事が分かったと思います。

 <まとめ>
 ブレーキランプの作成には赤(赤橙)LED、ウィンカーには黄(アンバー)LEDを使用しましょう。
 LEDランプはクリアレンズにもぴったりです。

ライン
07/02/23

FENIX LEDライト


 CREEのXLamp 7090 XR-Eのstar、エミッターに続く第3弾フラッシュライト(懐中電灯)を入荷しました。
Fenix P1D CE L1D CE L2D CE
左からP1D CEL1D CEL2D CE

 フェニックスというメーカーでCEというのは多分CREE Editionの略だと思います。他にもCEの付かない(Luxeon仕様)ものもありますが今回入荷は見送りました。





 一番小さいP1D CEは長さ71mm、太さ21mm、重さ27gと大変軽量コンパクトで最大135ルーメンの出力があります。電池はリチウム電池のCR123Aを1本使用します。


 L1D・L2Dは若干サイズが大きくなりますが単3電池仕様ですのでランニングコストは低く抑えられます。

 全商品とも専用のケース・ストラップ(P1Dはキーホルダー)・補修用品・電池が付属しております。P1D CEに付いているキーホルダーはちょっとしゃれています。

 手持ちで比較するものが無いのが残念ですが相当明るいと思います。照射範囲もスポット過ぎず見易いです。モード(パターン)の切り替えも慣れると大変使いやすいです。

ライン
07/02/15

乾電池2本でパワーLEDを点灯


 乾電池2本でパワーLEDを点灯させるユニットを試験してみました。
試験点灯


 サイズは15×15×6.4mmで、入力電圧1Vから動作し、3V入力時は350mA出力します。電流はボリュームにより調整可能です。

ライン
07/02/13

 

菜の花菜の花

梅梅

梅てんとう虫


ライン
07/02/03

XLamp7090XR-E点灯試験


 前回紹介したXLamp7090XR-Eの点灯試験をしてみます。

点灯 ポインタで点灯


 色合いはとてもナチュラルです。感じとしては蛍光灯っぽいです。明るさについては個人の感じ方によりますが、公称値(80lm/350mA)より極端に落ちるということはなさそうです。期待が持てます。

≪実験≫
  • 350mA・700mA・1000mA駆動による温度変化
  • 室温:15℃
  • ヒートシンク:サイズ43.2×30×20mm 熱抵抗値9.2℃/W
  • 台:木製テーブル

※測定部位は、発光部に近い最も熱い部分です。


【350mA】
350mA

順電圧が3.1Vと定格より低めですね。
【5分後】
350mA5分後22℃
7℃上昇
ヒートシンクはほんのりぬるい程度です。
【30分後】
350mA30分後30℃
15℃上昇
ヒートシンクはさっきよりぬるい程度です。


 室温が低い事も影響しているとは思いますが、予想以上の好結果です。

【700mA】
700mA

やはり順電圧が定格より相当低めです。                      
【30分後】
700mA30分後45℃
30℃上昇
ヒートシンクは暖かい位です。                          
【3時間後】
700mA3時間後58℃
43℃上昇
 ヒートシンクは結構暖かいですが十分触っていられます。これ以上は上がりそうにありません。


 LEDとヒートシンクを冷まして最大定格1000mAを試験してみます。と、思ったのですが若干低めの950mAとします。
【950mA】
950mA

 この固体は順電圧が低いようです。   
【5分後】
950mA5分後47℃
32℃上昇
 ヒートシンクは暖かい位です。     
【15分後】
950mA15分後52℃
37℃上昇
 ヒートシンクは結構暖かいですが十分触っていられます。


≪結果≫
 実は実験前は、かなり発熱があるのではないかと思っていたのですが、素晴らしい結果が出ました。もちろん、室温がかなり低めであるという事と、電源が離れているという事も大きな要因だとは思いますが、短時間の点灯であるならばヒートシンクをかなり小さく設計できるのではないでしょうか。前回の、効率が良くてもかなり発熱します。というのも間違っていると言えそうです。効率よく光に変換している分、熱に変わるのが少ないのでしょうね。
※電池などを昇圧または降圧した場合などは、電池及び電源等が発熱する可能性もあります。

ライン
07/02/01

XLamp7090XR-E


 アメリカのCREEという会社の高効率パワーLED XLamp7090XR-Eを入荷しました。
XLamp7090XR-E

 通常これはエミッタ(チップ)のみです。一般的には扱い難いリフローはんだ仕様で、さらにRIGELなどと違い、サイドに電極が無いので普通のはんだ付けは極めて困難です。今回は、あらかじめスター基板に装着済みのものが入荷できました。LuxeonSTARとほぼ同サイズですので、同じ様に扱えると思います。
 このLEDの凄いところは350mA時で80ルーメンの発光効率です。最大1000mA時で176ルーメンの光束です。LuxeonVの65lm/700mAと比べると良く判ると思います。ただし、どのLEDにも言えることですが、効率が良くてもかなり発熱します。熱を持つと光束も落ちますし、最悪の場合壊れますので、放熱設計は十分にお願いします。
 今回のロットはランクがP4で80.6〜87.4lm/350mAです。

ライン
07/01/30

LED特売コーナー


 新年を迎えたと思ったらもう1月も終わりです。時間が過ぎるのがとても早く感じます。

 スーパーの特売コーナーに納豆がたくさん並んでます。振り回された納豆生産者や小売店の怒り・落胆は想像に難くないですね。
 関係ありませんが、当店も特売コーナーを設けました。セットでよく出るものやジャンク品などを、数量限定や特別価格などで提供させて頂こうと思っています。ただ、毎回あるとは限りませんのでご了承くださいね。
 
今回はとりあえずこちらを。
コンデンサー基板セット


ライン
07/01/17

LEDの試験点灯


 LEDの試験点灯に便利なテスター:RCR-020の販売を開始
RCR-020RCR-020

 9V電池に取り付けて+にLEDのアノード、−にLEDのカソードをつなげるだけです。
点灯
 LEDの極性が分からなくなってしまった時や、違う色が混ざってしまった時などに重宝します。
 電池付き750円、電池無し650円で販売します。



ライン
07/01/15

納豆その後


 納豆が消えた理由は、「あるある大辞典」と言う番組で採り上げられたから。

と、今日教わりました。そういうわけで今日もやっぱり納豆が無いです。
「あるある〜」でLEDなんぞ採り上げてもらえないかなあ・・・なんて邪な考えが浮かんでしまいました。

ライン
07/01/12

納豆


 妻が買い物から帰って一言、
 「が1個もない。」
 納豆はいつも買っているのだが、今まで無いことなんて無かったと言う。しかも今週ずっと無いと言うのだ。  謎だ・・・。

ライン
07/01/06

Luxeon


Luxeon
 面白い質問がありました。

 Q:LUMILEDSの「」は何て呼ぶのですか?
 A:カナを振るとしたらラクシアンです。

 細かく言えばセとシの間でラクスィアンかな。それを言うなら頭の発音もラとルの間か…?
 なんてね、まあ分かれば何でもいいと思います。そもそも英語の発音を日本語にする事自体難しい事ですしね。日本だし、こだわる必要はないかな。

 結論
 呼び易いように呼ぶ。

 今年1発目のネタでした。実際、私も違う呼び方をしています。ということで、今年もよろしくお願いいたします。

ライン
07/1/1

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

3/6page



[ページの先頭へ]

[Top Page]



即日発送が出来ない場合がございます。申し訳ございませんがご了承くださいm(_ _)m